20代から始めるロードバイク生活!

20代中盤からロードバイクを始めた男が、気が向いた時に記事を上げるブログです。

ロングライドって何キロから?

今週ブログ更新できてなかったので、ポチポチ書き溜めてたものを公開です。

 

 ロングライドとは?

 

今回はタイトルのとおり雑談です。

ロングライドって皆さんは何キロからロングライドだなって思いますか?

サイクリストにはありふれたネタの一つですよね。

 

結論としては人による、になるんですが、それ言い出すと身も蓋もなく、今回の記事終了になってしまいますので、もう少し掘り下げてみます。

 

グーグル先生に検索していただいたところ、やれ100マイル(160キロ)だの、200キロだの。

いや、距離じゃなく他の条件が大切、とか。(追い風向かい風、山があるかどうか)

いやいやロングライドは距離じゃなく時間だよね、とか。

獲得標高でロングライドを語るプロもいました。

 

正直ちょっとでも、分かる、と思ってしまった方は立派なサイクリストだと思います。

 

一般人だと?

一般人を「ママチャリしか乗ったことのない方」と定義すると、一回で20キロも走ればすげー長距離。

ロングライド(長距離移動)だなって思うんじゃないでしょうか?

 

私がクロスバイクを購入する前、「大体週に一回20〜30キロ頑張って走ってダイエットしよう!」

と思ってジャイアントストアへ行きました。

その通りに店員さんに申し上げたのを良く覚えてますので、一般人の感覚からすればそんなもんじゃないかな、と思います。

ちなみにそれを告げた時の店員さんの微妙なリアクションが忘れられません。

あ、こいつ何も知らない初心者だな。感が半端なかったです。

 

 

クロスバイク乗りだと?

クロスバイカーでも通勤や買い物専用で、日常用として使われてる方も多いです。

その場合は一般人とそう変わらない感覚をお持ちかと推察されます。

 

ですが、クロスバイクに乗ることそのものが楽しく感じてしまった不幸な人種の場合、違います。

最初は一般人と同じだったはずなのです。

2、30キロ走れば大冒険。一つの目標だったはずです。

 

それが50キロになり、70キロになり、とうとう100キロに到達するようになると、こう思う人が多いのではないでしょうか。

 

20〜30キロ?近所でしょ?

 

ろんぐらいだぁす!」の初心者キャラ、亜美ちゃんですらそうなりました。(原作6巻参照)

 

「え?片道17キロって近くない?」

彼女はローディーですが。っていうか初ライドでハンガーノック(極度の低血糖状態起こしてたじゃないですかあなた。

 

f:id:seanery:20181123223635j:plain

 (© 三宅大志一迅社/ろんぐらいだぁす!製作委員会)

 

まぁ、そんな感じで、まず間違いなく距離感覚が破壊されます。

 

そして100キロライドを何度か経験すると分かったかのように、こう言い出します。

100キロとか全然大したことないし。あれぐらい走れないとか甘えてる(?)

 

クロスバイク乗り始め最初の頃の初々しい自分はどこに行ってしまったのか。

初心に戻って自省したいところです。え?わ、私の事じゃないし

 

私はまだ毒されてないと思ってます。

20キロ30キロは近所だと感じているし、割と100キロは走れる距離だとも思っているけどまだ毒されてないと思ってます。

 

この先走り続けるとどこまで距離感覚が壊れ、常人離れした事を言い出すのか、自分でも楽しみです。

 

ロードバイク乗りの方々も似たようなもんじゃないのかなと思います。むしろこの感覚は、ローディーの方がより分かるかもしれません。

 

 

というわけで結論

 

一般人とサイクリストでロングライドの感覚は乖離しています。

実際ひよっこの私でも会社で、100キロ走りました!と話すと、「は?」みたいなリアクションをされた経験があります。

自転車で山を越えましたなどと言おうものなら、まるで宇宙人を見たかのように一瞬固まります。

 

サイクリストの場合、ロングライドの捉え方は、そのままその人のレベルに繋がるかもしれませんね。

初心者の場合、100キロが感覚的に最初の大きな目標になると思います。2桁と3桁では心理的な違いってありますしね。

 

クロスバイクなどで何度か30キロ走ったことのある方なら、意外ともっと行けるんじゃないか?と思われるかもしれません。まぁ私がエスケープrx3で走った時の感想ですけども。

 

あと、個人的に思ったのはギアを適切なところに入れて走ることも大切ですね。

自分で丁度いいと思うギアより、一つ軽いギアで走ると結構遠くまで行けますよ!