20代から始めるロードバイク生活!

20代中盤からロードバイクを始めた男が、気が向いた時に記事を上げるブログです。

クロスバイクでヒルクライム!~VSヤビツ峠二戦目~中編

 前回はヤビツ峠にこれから挑むぜ!

というところで終わりました。どうもseaneryです。

 

seanery.hatenablog.com

 

 

 

ヤビツ峠の目標タイム

実は初めてヤビツ峠に登坂した際、こんな事をのたまっていました。

 

今後のヤビツ峠の目標

 

一年後、ロードバイク に乗り45分を切りたいです。

体調万全、リュックなしなら、今でも5分は縮められそうな気がします

一年間のトレーニングで5分縮め、ロードバイク の力で10分縮め、気合で3分縮めたいです。

つまり機材の力で45分切りを目指します。 

(ろんぐらいだぁす!聖地巡礼③〜VSヤビツ峠!(後編)〜 - 20代から始めるクロスバイク生活!)

 

体調万全、リュックなしなら、今でも5分は縮められそうな気がします

体調万全、リュックなしなら、今でも5分は縮められそうな気がします

 

……ほんとぉ??

 

前回は信号待ちを含めて、「68分」が私の記録です。

これは全く自慢できるタイムではありません。自転車乗りの間では、40分切れば脱初心者だそうです。

いや無理でしょそれ。

現実的なところで、60分切れば初心者認定だそうです。(seaneryネットサーフィン調べ)

後8分タイムを縮めればいいので、こちらならトレーニングすればワンチャンありそうですね。

 

今回は先月の私が言っていた、何の根拠もない5分タイム短縮が目標です。つまり、信号待ち含めて63分で頂上まで登れば私の勝ちです!(何の勝負だw)

 

ところで40分~60分が初心者ならそれ以下のタイムは何というのか?

という素朴な疑問に答えているサイトがなかったので、私が勝手に名付けました。「プリマー」です。

(試しにプリマ―で検索したらヒットしませんでした。私の完全な造語です)

目標タイムからして今回もプリマ―返上とはならないことは確定的に明らかです。ですが中期的な目標としては「脱プリマ―初心者入り」がseaneryの目標です。

 

そんな感じでヤビツ峠に挑むぞ~~!!

 

VSヤビツ峠

 

ヤビツのスタート地点は名古木のセブンです。

f:id:seanery:20181111184321j:plain

 

上の写真を振り返ればセブンがあります。

 

セブンでお茶を購入。ボトルに入れて準備は万端!

意気揚々と出発します。

 

最初はとても緩やかな坂です。ここで調子に乗ってスピードを出したらいけません。私のような初心者以下のプリマ―は、ここで我慢です。

エネルギーを貯めて、この先にあるヤビツ峠最難関の急こう配、「蓑毛のバス停」区間でパワーを解放するのです。

 最初の緩やかアップダウン区間天使の皮を被った悪魔です。

 

最近とあるニコ生を見たので、思わず頭の中で灼熱スイッチが流れ出ました。

 

 

f:id:seanery:20181208094332j:plain

キャプチャのために初めて1話を見ましたがカオスで草生えた

© 朝野やぐら集英社灼熱の卓球娘製作委員会

 

最初の前奏Aメロは耐える。

平坦な道でもギアを上げずに漕ぐ。よしっ、いい感じです。

前回はここまででひゃっほいしながら漕いでいたので、蓑毛でダウン。パワーを使い果たしてしまったのです。

 

 

 

f:id:seanery:20181208102802j:image

 

意識的に抑えて走っていると、遂に序盤の山にして、ラスボスのサビ(蓑毛の坂)が来る……来る……!

 

 

 

 

 

 

 

「あ˝あ˝あ˝あ˝あ˝あ˝あ˝あ˝あ˝!!!」

 

何だよこれ!!?

 

……。ニコ生ネタで申し訳ない。

(分からなかった方は「ゆゆうた 灼熱スイッチ」で検索すると分かります)

 

二度目のヤビツ峠でもこの坂はやっぱり辛いです。辛すぎて写真を撮るの忘れてました。

しかし最初の大ボスが一番強いとかゲマかな。

f:id:seanery:20181208100756p:plain

ドラクエⅤの負けイベントボス。パパスのトラウマ

 

 

蓑毛を越えて

 

蓑毛を超えてからいよいよ山へ入るのですが、菜の花台までの道はそんなに強くありません。

ただやっぱりキツイ坂で体力や脚力を消費しているので、いつも通りとはいきません。前回ほどではないですが、スピードは落ちます。

 

f:id:seanery:20181208102700j:image

 

菜の花台とは↑です。画像ブレブレですね。ここには展望台がありまして、秦野を一望できるスポットです。夜に来たら夜景が綺麗かもしれません。(※下山時に撮影しました。)

 

菜の花台までくれば、全体の3分の2まで来ています。あとちょっとです。

ここから頂上まで後3キロほど。あとちょっととは言っても長いです。ここまでの疲労も手伝い時間もかかっているので、精神的肉体的にキツイものがあります。

 

そう言うわけでラスト3キロは気合ですが、今回はそんなに気合入らなかったかも。

時間に迫られ頑張ってスパートしたつもりでしたが、全体的には余裕を持ってゴールした感があります。

 

結果はこちら!

 f:id:seanery:20181208102708j:image

 

頂上まで無事登れました。

気になるタイムはこちら。63分切れたかな?

 

f:id:seanery:20181208110143j:image

 

 

ぐはっ……(吐血)。

 

スタンド外しというチート使っても達成できず。

途中で写真撮ってなければ63分切れたかもですねー。そんな負け惜しみ言っても仕方ないのですが。

 

前日の不動峠では10分ぐらいはぁはぁが止まらなかったんですが、二度目のヤビツ峠では1分息を整えればすぐ歩けました。もうちょい全力出せたかなぁ。

 

心肺機能と足のバランスが難しいです。

今回の挑戦は自分にとって重いギアを回していたということなんでしょうか??

もっとギアを下げてケイデンスを上げるべきだった……?

専門的な話になると全く分かりませんわ。

 

以前とのタイム比較です。↓

 

f:id:seanery:20181208110147j:image

 

最初の蓑毛までは押さえて、中盤以降スピードを出す作戦が狙いどおりいきました。

中盤以降もっとスピード出せそうです。今度行く機会があればそこら辺を意識したいですね。

 

次回でヤビツ峠二戦目編ラストです!