20代から始めるロードバイク生活!

20代中盤からロードバイクを始めた男が、気が向いた時に記事を上げるブログです。

ろんぐらいだぁす!聖地巡礼⑥しまなみ海道ライドダイジェスト! おまけ

さて、しまなみ海道ライド日記は既に終了しましたので、ここから先はしまなみ海道より先の旅行先を書きます。

 

 

 二日目。今治~道後温泉

写真いっぱい貼っちゃいますよ~!

写真に一言コメントしていきます。


f:id:seanery:20190128213145j:image

 

二日目、旅館の外の景色です。

筋肉痛バリバリでしたが、張り切って出発!

 


f:id:seanery:20190128213029j:image

今治城です。

ここらでボトルを旅館に忘れた事に気付きました。出鼻くじきリーチ!(言ってみたかっただけ)

速攻取りに戻りました。朝の貴重な20分?が…。


f:id:seanery:20190128212941j:image

 

二日目最初の目的地は、この施設の裏側です。


f:id:seanery:20190128213150j:image

 

はい!今治タオル本店です。

愛媛に来たからにはバスタオルが欲しかったのです。


f:id:seanery:20190128213140j:image

朝から結構お客さんいましたね。


f:id:seanery:20190128213036j:image

 

今治タオル買うぞー!

思った以上に高かったので、一つだけ買って郵送しました。


f:id:seanery:20190128213024j:image

 

タオルってこんな風に作るんだ…。


f:id:seanery:20190128212924j:image

 

はえー。


f:id:seanery:20190128213033j:image

 

お昼ご飯は光屋、というラーメン屋さんです。

何とも優しい味…。

人気店のようで、私の後から続々とお客さんが来てました。出る頃には行列になってたような。


f:id:seanery:20190128213216j:image

 

移動して、今治駅です。

ロードバイクに乗ってる人多かったなぁ。

ジャイアントストアからロードバイクを借りている外人さんがいました。

そういえば、しまなみ海道を走っている時に大荷物を乗せて漕いでいる外人さんもいましたね。しまなみ海道はワールドワイド。


f:id:seanery:20190128212954j:image

 

いざ、次の目的地へ。今治を出ます。


f:id:seanery:20190128213107j:image

浜風海道だったかな?


f:id:seanery:20190128213313j:image

 

結構交通量が多かったですね。途中の道の駅で休憩です。


f:id:seanery:20190128213227j:image

 

か、風早の郷?


f:id:seanery:20190128212857j:image

 

休憩がてら、浜辺で佇む男が一人。


f:id:seanery:20190128213322j:image

 

人は結構いましたね。

バトミントンとかフリスビーとかやってる方いました。


f:id:seanery:20190128213153j:image

 

補給食補給食!


f:id:seanery:20190128213326j:image

 

道後温泉に着きました。

しかしかなり疲れました。当時はフラフラでした。

今治から松山も距離ありましたよー!

今なら余裕もってクリア出来るかもしれません。

ホテルに向かいます、


f:id:seanery:20190128213251j:image


f:id:seanery:20190128213220j:image

 

8時間30分で150キロですね。

前日のしまなみ海道と合わせた数字です。


f:id:seanery:20190128212907j:image

 

一人用なのに枕二つって贅沢すぎません?


f:id:seanery:20190128213209j:image

 

ビジネスホテルは商店街?の脇に突然現れました。


f:id:seanery:20190128213231j:image

 

足湯も出来るんですよねー。

ホテルに荷物を置いて、再度出陣!

行く場所はもちろん。

 


f:id:seanery:20190128213343j:image

 

松山市に来た以上、道後温泉は必須です。

これが日本三大古湯かー。


f:id:seanery:20190128212911j:image

 

こちらは別館の飛鳥乃湯泉です。飛鳥時代をイメージしてる?とか。

太子様ー!


f:id:seanery:20190128213331j:image

 

一昨年?オープンしたばかりとか。風情がありますね。

道後温泉に入れるっぽいので、中に入ります。


f:id:seanery:20190128213133j:image

 

道後温泉二階からの眺めです。

実はここが唯一といってもいい、ろんぐらいだぁす!の聖地です。

原作では紗希さんがしまなみ海道ライド後、自走で道後温泉まで来てました。

全体的に歴史を感じさせる浴室でした。そういえば、道後温泉は千と千尋の神隠しの聖地巡礼でもありましたね。

 

さてホテルに戻ります。


f:id:seanery:20190128213305j:image

 

ビール一杯無料のビジネスホテルです。

晩御飯は月見そばだったような・・・確か無料でした。確か。

疲れたので早々に就寝です。

 

三日目。道後温泉~広島市内


f:id:seanery:20190128213129j:image

 

時間があったので寄り道です。


f:id:seanery:20190128213157j:image

 

別館飛鳥乃湯泉の方にも来ちゃいました。

外装もですが、中も滅茶苦茶綺麗でした。


f:id:seanery:20190128213000j:image

 

二階からの眺めです(二度目)

温泉内ではプロジェクションマッピングが放映されてました。

本館より凝ってるし今風だし広いし。

流石新しい施設です。


f:id:seanery:20190128213309j:image

 

所変わってフェリーです。(唐突)

フェリーがこれまたギリギリの乗船で焦りました。

飛鳥乃湯泉から松山港へ。


f:id:seanery:20190128212834j:image

 

ここらで雨降り出したんですよー。


f:id:seanery:20190128212949j:image

ホテルに寄ってから、広島市内観光です。ズムスタに原爆ドームを回りました。

途中で雨が強く降り出したのでカッパ買いました。

 

f:id:seanery:20190130234431j:image

 

晩御飯はこちら。お好み焼きです!

本場の広島風お好み焼き!!美味かったー!!銀の中身はサイダー、だったかな?

 

最終日です。何処だか分かります?


f:id:seanery:20190128212945j:image

 

あれは……?


f:id:seanery:20190128212915j:image 

そうです。厳島神社でした。

ここまで路面電車で行きました。当初の予定ではクロスバイクで向かう予定だったのですが、体力と時間の限界で、電車に予定変更です。


f:id:seanery:20190128213302j:image

 

もちろん初めて来ました。


f:id:seanery:20190128213338j:image

 

干潮だとここ全部水引くんですよね?

すげー。


f:id:seanery:20190128213009j:image 

 

そ◯立つ壁みたい。


f:id:seanery:20190128213125j:image

 

まじで反りたつ橋だった。

あともう一つだけ行きたいところがあります。

 

f:id:seanery:20190128213013j:image

 

弥山です。

厳島神社から直接歩いていけます。同じ宮島の中にありますので。

ロープウェイ乗り継いで乗り継いでいきます。道に迷ったこともあり足に来ましたが、無事山頂に到着!


f:id:seanery:20190128212842j:imagef:id:seanery:20190128212902j:image


f:id:seanery:20190128213111j:imagef:id:seanery:20190128213017j:image

 

iPhone8って凄いなぁ。写真綺麗だわー。

もう大満足です。さて、お土産買って茨城に帰りましょ。

そういえば弥山の山頂手前に、立派な建物があったなー。素通りしちゃったし、折角だし寄るかー。


f:id:seanery:20190128213020j:image

 

は?恋人の聖地?は?(写真右側ののぼりを参照)

 

一人寂しく路面電車、新幹線に揺られ地元に凱旋するのでした。

この旅で一人旅にハマり、今に至る……。

この時はまだ、ロードにハマりブログを立ち上げ書くことになるとは夢にも思わなかったとさ。

ここまでお読みいただきありがとうございました!